インキンタムシという言葉を聞いた事はあっても、それが何を示す言葉なのかをよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

これは、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)というカビの一種による病気で、人から人へと感染します。
この菌が人の陰部に定着し、強いかゆみを伴った発疹が現われます。

インンキンタムシは男性に多いと思われがちな病気ですが、かかりやすさに性別は特に関係なく、条件さえ整えば大人から子供まで誰でもこの病気にかかる可能性があります。

白癬菌が増殖しやすい条件は、高温多湿と餌としてのたんぱく質です。
足に水虫が出来るのも、靴の中がとても蒸れやすく長時間その状態でいる事も多いので、付着した菌が育ちやすい条件が整っているからです。

同じく、陰部周辺にできるインキンタムシも、常に下着をつけている部分のため、体の中でも湿気がこもりやすい事が菌の増殖を助けてしまいます。
発症すると、陰部だけでなく太ももやお尻などにも症状が出る場合もあり、とてもかゆくなります。

陰部はかきたくてもかきにくい部分なので、日常生活にも支障が出てしまう恐れもあります。
治療には時間がかかりますが、医師の診察を受ければかゆみを抑える薬などを処方してもらえるので、なるべく早めに受診する事をおすすめします。

男性は常にパンツをはいているので中が蒸れやすい事から、かつては確かに男性に多い病気だった時代もありましたが、今では女性もパンツスタイルの方もたくさんいますし、ストッキングなどを履くとより蒸れやすい状況にもなりがちですから、男性と条件はあまり変わりません。

感染経路としては、トイレ、プール、入浴時の椅子やバスタオル、性行為などによって感染します。
菌が付いたからといって必ずしも発症するわけではありませんが、不衛生な状態が長くなると、菌の餌となる皮脂が多く分泌されてしまい、より発症のリスクが高まります。

水虫は一度かかると自然治癒は難しく、抗真菌作用のある薬での治療が必要になります。
専門は皮膚科になりますが、陰部なので抵抗があるという女性は、まずは婦人科に相談してみてもいいでしょう。

水虫治療の最先端おすすめ人気はコレ!

クリアフットヴェール
女性用