プリン体が多い食品というとどんなものをイメージしますか。プリンのようにぷるぷるしているものと思っている方もいるのではないでしょうか。

寒天は低カロリーでヘルシーな食べものという印象があると思いますが、ぷるぷるとしていて何となくプリン体が多そうですよね。プリン体は体内で尿酸に代謝されて、摂りすぎると痛風の可能性がある物質です。痛風が気になる方は寒天を食べても大丈夫なのでしょうか。

プリン体は細胞の核に含まれている物質で、核を持つあらゆる食品に含まれています。海藻もプリン体を含有します。

海藻のプリン体含有量は100gあたり、わかめ262.4mg、ひじき132.8mg、昆布46.4mgです。わかめのプリン体含有量は多いですが、一度に100gも食べることはありませんよね。1食2gあたりの含有量は5.2mgです。寒天もこれらと同じようなプリン体含有量と考えられます。

痛風が気になる方にとって海藻は積極的に食べたい食品です。尿酸はアルカリ性に溶けやすい性質があります。アルカリ性である海藻を食べて尿と一緒に尿酸が排泄されることを促します。

また、肥満防止にも海藻が役立ちます。食事からのプリン体摂取は20%、体内で合成されるプリン体は80%ほどで、プリン体の摂取制限よりも肥満を防止することが重要といわれるようになりました。肥満のなると中性脂肪が増えて、中性脂肪によって尿酸の生産が促されるからです。

海藻は食物繊維が豊富な食品です。食物繊維はお腹の中で膨らんで満腹感を与えたり、一緒に食べた糖や脂肪の吸収を抑制します。

寒天は100gあたり74gもの食物繊維を含有しています。食物繊維には不溶性と水溶性がありますが、寒天はどちらも含んでいます。

しかも、低カロリーなところが魅力です。低カロリーなのでたくさん食べて満腹感を得ることができます。

水に戻すのが面倒と感じるかもしれませんが、粉寒天をご飯に混ぜた炊いたり、ジュースに混ぜて飲むこともできます。ところてんを食べるのもいいですね。

プリン体を減少・尿酸値を下げる方法!おすすめランキング

  1. 白井田七

    尿酸値の値が気になる人におすすめ!白井田七でプリン体を減らそう
    健康診断で尿酸値が気になるなぁという人は多いです。飲み過ぎや食べ過ぎのせいもあって、だんだんと体型も気になる、というケースも多いですね。生活習慣の改善には早めのケアが必要になります。
    尿酸値を下げる必要がある人たちから高い支持を受けているのが白井田七です。田七人参は古来から珍重されてきた生命力の高い植物です。プリン体を減らしてくれる効果がある田七人参を使用したサプリメントです。白井田七を1日4粒を目安に飲むことで尿酸値を下げる効果があります。

    白井田七の公式サイトはこちら

  2. 白井田七。かめ

    白井田七の「かめ」は高麗人参の7倍のパワーを持つ田七人参が尿酸値を下げます
    アルコールが好きな方、又肉類が好きな方、女性で閉経を迎えた方等は尿酸値が高くなりやすくなります。
    そこにプリン体摂取量が増えると尿酸値が高くなり、痛風という病気になってしまいます。
    でも、田七人参を使った「白井田七」なら、尿酸値を下げる効果もあります。
    特に「かめ」は、田七人参と黒酢を一緒に熟成発酵させたもので、和漢と発酵2つの効果で身体の不調を整えます。
    健康診断で尿酸の値も正常に戻ったという喜びの声が、届いています。

    白井田七。かめの公式サイトはこちら

  3. 白井田七。茶

    尿酸値を下げる方法が知りたい人にぴったり!白井田七。茶でプリン体を減らす
    飲みやすいうえに健康にいいと有名なのが白井田七。茶です。静岡県の緑茶と、滋養強壮に役立つ田七人参の組み合わせによって誕生しました。白井田七。茶を飲むことで、高くなりがちなプリン体を減らすことが出来るので、尿酸値を下げて痛風を予防するのに効果的です。自分ではなかなか食生活の改善ができない人でも、白井田七。茶を取り入れることで毎日無理なく生活習慣を改善することができます。美味しいお茶なのでごくごく飲めて、無理なく習慣にできます。

    白井田七。茶の公式サイトはこちら