納豆は体によい食品という認識があると思いますが、痛風の人は食べない方がよいとも聞きます。本当に痛風の人にとって納豆は食べない方がいいのでしょうか。

痛風の原因になる物質が尿酸です。血液中に尿酸が増えすぎると、血液中に溶けきれなかった尿酸が結晶化して、関節にたまって起きる病気が痛風です。

尿酸のもとになる物質がプリン体です。プリン体は食事からの摂取が20%、体内での合成が80%ほどです。プリン体が代謝されて尿酸ができます。

納豆に含まれるプリン体の量は100gあたり113mgです。牛肉や豚肉が100gあたり70〜90mgほどなのに比べるとやや多いですが、プリン体が多い食品とは100gあたり200mg以上のプリン体を含む食品なので、納豆はプリン体が多い食品とはいえません。

また、一度に大量に食べることも少ないのでプリン体の大量摂取になる心配は少ないです。納豆1パックは50gなので、1パックの含有量は56.5mgになります。毎日1パック食べる程度なら問題ないでしょう。

プリン体は細胞の核に含まれている物質で、納豆以外にも肉・魚・穀物・果物などさまざまな食品に含まれています。そのため、プリン体を制限しすぎると食べるものが偏ってしまいます。

納豆は便通を助けてくれる食品です。食物繊維が便のカサを増やして腸の働きを活発にしたり、納豆菌が腸内環境を整えます。食物繊維には水溶性と不溶性があり、両方をバランスよく摂ることが大切ですが、納豆には水溶性と不溶性がバランスよく含まれています。

また、血栓を溶かすといわれるナットウキナーゼも含まれています。血液ドロドロが気になる方を助けてくれますが、ワーファリンを飲んでいる方は控えてください。その他にもカルシウムが骨になるのを助けるビタミンKも含まれています。

食事をバランスよく摂ることが健康につながります。痛風の方は干物のようにプリン体が多い食品の食べ過ぎには注意が必要ですが、納豆のような食品なら気にしすぎる必要はありません。

プリン体を減少・尿酸値を下げる方法!おすすめランキング

  1. 白井田七

    尿酸値の値が気になる人におすすめ!白井田七でプリン体を減らそう
    健康診断で尿酸値が気になるなぁという人は多いです。飲み過ぎや食べ過ぎのせいもあって、だんだんと体型も気になる、というケースも多いですね。生活習慣の改善には早めのケアが必要になります。
    尿酸値を下げる必要がある人たちから高い支持を受けているのが白井田七です。田七人参は古来から珍重されてきた生命力の高い植物です。プリン体を減らしてくれる効果がある田七人参を使用したサプリメントです。白井田七を1日4粒を目安に飲むことで尿酸値を下げる効果があります。

    白井田七の公式サイトはこちら

  2. 白井田七。かめ

    白井田七の「かめ」は高麗人参の7倍のパワーを持つ田七人参が尿酸値を下げます
    アルコールが好きな方、又肉類が好きな方、女性で閉経を迎えた方等は尿酸値が高くなりやすくなります。
    そこにプリン体摂取量が増えると尿酸値が高くなり、痛風という病気になってしまいます。
    でも、田七人参を使った「白井田七」なら、尿酸値を下げる効果もあります。
    特に「かめ」は、田七人参と黒酢を一緒に熟成発酵させたもので、和漢と発酵2つの効果で身体の不調を整えます。
    健康診断で尿酸の値も正常に戻ったという喜びの声が、届いています。

    白井田七。かめの公式サイトはこちら

  3. 白井田七。茶

    尿酸値を下げる方法が知りたい人にぴったり!白井田七。茶でプリン体を減らす
    飲みやすいうえに健康にいいと有名なのが白井田七。茶です。静岡県の緑茶と、滋養強壮に役立つ田七人参の組み合わせによって誕生しました。白井田七。茶を飲むことで、高くなりがちなプリン体を減らすことが出来るので、尿酸値を下げて痛風を予防するのに効果的です。自分ではなかなか食生活の改善ができない人でも、白井田七。茶を取り入れることで毎日無理なく生活習慣を改善することができます。美味しいお茶なのでごくごく飲めて、無理なく習慣にできます。

    白井田七。茶の公式サイトはこちら