痛風は一昔前は贅沢病ともいわれていましたが、今では贅沢をせずともかかる一般的な病気となっています。
体内で不要となったプリン体が肝臓で尿酸となって排出されるところ、代謝異常などが原因となって尿酸が体内に蓄積されることによって高尿酸血症が引き起こされて痛風となります。

このため、痛風予防にはプリン体摂取を制限することが必要となりますが、痛風は特に男性がかかりやすく、しかも30代から50代の働き盛りの年代に多いので、プリン体制限のために食事制限や飲酒制限もすることが実際にはなかなか難しいという方も少なくありません。

そこでおすすめしたい食材がちくわです。

ちくわはご存知のとおりタラなどのすり身から出来ている練り製品で、高タンパク質で低カロリーの健康食材です。
高タンパク質で低カロリーなので、体脂肪は減らしたいけれども筋肉量は維持したいという筋トレ系の方たちに実は人気の食材でもあるんです。
しかも、魚のすり身を原料とするちくわのタンパク質は、牛肉や豚肉などのタンパク質に比べて体に吸収されやすい良質なタンパク質なんです。

そんな体の健康に効果抜群のちくわは、プリン体が極めて少ない食品でもあります。
痛風予防にはやはりプリン体を大量に摂取することを避けることが大切です。
そこで、プリン体を多く含む食品、例えばレバーやかつお、えびなどの代わりに、プリン体が極めて少ない食品であるちくわを食べることで、痛風予防に繋がるんです。

プリン体を多く含む食品にはスルメやアジの干物などもあり、何となくちくわやかまぼこといった練り製品もプリン体が多いイメージを抱いている方もいらっしゃると思いますが、そうではないんですね。
もし痛風が気になるような方は、どんな食品にプリン体が多く含まれているか、どんな食品であればプリン体が少ないのか、そういった知識を得ることが一番大切かもしれません。

いちいちプリン体の量を調べるのは面倒だという方も、ぜひちくわはプリン体が極めて少ない、高タンパク低カロリーの健康優良食品であるということだけでも覚えておいて下さいね。

プリン体を減少・尿酸値を下げる方法!おすすめランキング

  1. 白井田七

    尿酸値の値が気になる人におすすめ!白井田七でプリン体を減らそう
    健康診断で尿酸値が気になるなぁという人は多いです。飲み過ぎや食べ過ぎのせいもあって、だんだんと体型も気になる、というケースも多いですね。生活習慣の改善には早めのケアが必要になります。
    尿酸値を下げる必要がある人たちから高い支持を受けているのが白井田七です。田七人参は古来から珍重されてきた生命力の高い植物です。プリン体を減らしてくれる効果がある田七人参を使用したサプリメントです。白井田七を1日4粒を目安に飲むことで尿酸値を下げる効果があります。

    白井田七の公式サイトはこちら

  2. 白井田七。かめ

    白井田七の「かめ」は高麗人参の7倍のパワーを持つ田七人参が尿酸値を下げます
    アルコールが好きな方、又肉類が好きな方、女性で閉経を迎えた方等は尿酸値が高くなりやすくなります。
    そこにプリン体摂取量が増えると尿酸値が高くなり、痛風という病気になってしまいます。
    でも、田七人参を使った「白井田七」なら、尿酸値を下げる効果もあります。
    特に「かめ」は、田七人参と黒酢を一緒に熟成発酵させたもので、和漢と発酵2つの効果で身体の不調を整えます。
    健康診断で尿酸の値も正常に戻ったという喜びの声が、届いています。

    白井田七。かめの公式サイトはこちら

  3. 白井田七。茶

    尿酸値を下げる方法が知りたい人にぴったり!白井田七。茶でプリン体を減らす
    飲みやすいうえに健康にいいと有名なのが白井田七。茶です。静岡県の緑茶と、滋養強壮に役立つ田七人参の組み合わせによって誕生しました。白井田七。茶を飲むことで、高くなりがちなプリン体を減らすことが出来るので、尿酸値を下げて痛風を予防するのに効果的です。自分ではなかなか食生活の改善ができない人でも、白井田七。茶を取り入れることで毎日無理なく生活習慣を改善することができます。美味しいお茶なのでごくごく飲めて、無理なく習慣にできます。

    白井田七。茶の公式サイトはこちら