幼少時から野菜嫌いで給食の時間はとても嫌な気分になっていました。ピーマン、人参など苦手なのでカレーの中に人参が入っていると避けていましたが給食では食べないといけないので、かなり苦痛を感じるようになりました。自宅では絶対、人参やピーマンなどは食べないようにしていたので中学の頃も苦手だったので食べずに過ごし、好きなものを食べるようにしていました。

以前から便秘気味で母親がジューサーを買ってきたので、色んな野菜やフルーツを入れてミックスジュースを作るようになり、それを飲むようになって便秘症が克服し、ミックスジュースの中には人参やピーマンなど野菜を色々入れていたようですが、全く気付かず、今まで苦手でだった野菜もちゃんと飲めるようになったので自分でも驚きました。

ミックスジュースを作るようになってから大人になり野菜嫌いが克服できたので、ジューサーの効果は実感しています。また無農薬・有機野菜など購入するようになり、野菜自体に甘みがあるのでそのまま食べても美味しいですし、かなり気に入って美味しく頂くようになりました。新鮮な野菜は甘みがあって美味しいので、洗ってそのまま食べてもフレッシュな感じがした感触が良く美味しいです。

野菜嫌いでしたが大人になって克服でき、自然と野菜料理が増えるようになりました。最近はガーデニングをするようになったので庭にミニトマトやラディッシュ、イタリアンパセリなど手軽に育てることができる野菜の苗を買ってきて植えて育てるようにしています。愛着がわくので自然と野菜嫌いがなくなり、採れたての野菜は美味しいし、調理するのも楽しいので色々とレパートリーを増やしています。

大人になって野菜嫌いを克服できたので、食べる楽しみもできましたし、家族に美味しい野菜料理を作るようにしています。素焼きにしてオリーブオイルをかけて塩で軽く味付けするだけで美味しい野菜料理ができますし、美味しさがわかるようになりました。

野菜嫌いでも安心!野菜不足を補う栄養機能食品おすすめ

  1. ひとてまい

    ひとてまい

    驚きの子供の野菜嫌い解消法とはスプーン一杯のひとてまいを料理に加えるだけ
    ご飯のおかずに野菜を出してもなかなか子供は食べてくれませんね。栄養不足は子供の成長に大きく響いてしまいますから重要な問題です。そこで栄養機能食品ひとてまいを加えてみませんか?
    ひとてまいはパウダータイプで、スプーン一杯を料理に加えるだけで必要な栄養素を摂り込むことが出来るのです。
    例えばほうれんそうのビタミンBならば約130株分の栄養素がたったのスプーン一杯で摂り入れられます。
    お米に混ぜて炊いても良いですし、おかずに振りかけてもOK。味も変わりませんから子供が知らないうちに食べられます。子供の野菜対策にひとてまいをぜひご活用ください。

    ひとてまい公式サイトはこちら