痛風の原因ともされるプリン体ですが、プリン体が多く含まれている食品の代表に魚卵があります。いくらやすじこなどを見てみると分かりますが、一粒に含まれるプリン体はいくら3.7ミリグラム、すじこ15.7ミリグラムです。

いくらやすじこのプリン体の数値が高いため、卵=プリン体野数値が高いというイメージがあります。しかし鶏卵においては1個当たり0.0ミリグラムです。つまり鶏卵を食べたくらいでは急に尿酸値は上昇しないということです。

そのことを知らないで、プリン体を気にする人が鶏卵を敬遠することもあります。しかし鶏卵は問題ないので大丈夫です。同じ鶏卵でも、おすすめの食べ方はゆで卵です。目玉焼き、卵焼きなどであれば、調理過程で油を使用します。その点ゆで卵ならゆでるだけなので、油は不要です。ヘルシーにたべることができ、1個当たり85キロカロリーと、低カロリーです。そのうえ高たんぱくなので、とてもお得で手軽にタンパク質を摂取することができます。

プリン体が多く含まれるものとしては、肉や魚が多いです。特に干物やレバーなどは高い数値のプリン体がふくまれています。お酒を飲みながら干物のつまみを食べる習慣がある人は、要注意です。アルコールもそうですが、おつまみとしての干物もプリン体がたくさん含まれています。

プリン体は一日400ミリグラムまでなら摂取しても大丈夫です。とはいえ、プリン体は食品のほとんどにおいて含まれています。お米や肉魚はもちろん、少量ずつでも摂取していけばトータルして400ミリグラムを超える可能性もあります。

プリン体をできるだけ摂取しないようにするためには、特定の食品を気を付けることはもちろんですが、毎日無意識にたべえている食生活を見直すことが大切です。自分が今日何を食べたのかはっきり思い出せるくらい、意識しながら食べるということです。何となく食べて入れば、気が付かない間にたくさんプリン体を摂取している可能性もあります。

プリン体を減少・尿酸値を下げる方法!おすすめランキング

  1. 白井田七

    尿酸値の値が気になる人におすすめ!白井田七でプリン体を減らそう
    健康診断で尿酸値が気になるなぁという人は多いです。飲み過ぎや食べ過ぎのせいもあって、だんだんと体型も気になる、というケースも多いですね。生活習慣の改善には早めのケアが必要になります。
    尿酸値を下げる必要がある人たちから高い支持を受けているのが白井田七です。田七人参は古来から珍重されてきた生命力の高い植物です。プリン体を減らしてくれる効果がある田七人参を使用したサプリメントです。白井田七を1日4粒を目安に飲むことで尿酸値を下げる効果があります。

    白井田七の公式サイトはこちら

  2. 白井田七。かめ

    白井田七の「かめ」は高麗人参の7倍のパワーを持つ田七人参が尿酸値を下げます
    アルコールが好きな方、又肉類が好きな方、女性で閉経を迎えた方等は尿酸値が高くなりやすくなります。
    そこにプリン体摂取量が増えると尿酸値が高くなり、痛風という病気になってしまいます。
    でも、田七人参を使った「白井田七」なら、尿酸値を下げる効果もあります。
    特に「かめ」は、田七人参と黒酢を一緒に熟成発酵させたもので、和漢と発酵2つの効果で身体の不調を整えます。
    健康診断で尿酸の値も正常に戻ったという喜びの声が、届いています。

    白井田七。かめの公式サイトはこちら

  3. 白井田七。茶

    尿酸値を下げる方法が知りたい人にぴったり!白井田七。茶でプリン体を減らす
    飲みやすいうえに健康にいいと有名なのが白井田七。茶です。静岡県の緑茶と、滋養強壮に役立つ田七人参の組み合わせによって誕生しました。白井田七。茶を飲むことで、高くなりがちなプリン体を減らすことが出来るので、尿酸値を下げて痛風を予防するのに効果的です。自分ではなかなか食生活の改善ができない人でも、白井田七。茶を取り入れることで毎日無理なく生活習慣を改善することができます。美味しいお茶なのでごくごく飲めて、無理なく習慣にできます。

    白井田七。茶の公式サイトはこちら