プリン体というと何を思い浮かべますか?
きっと、ほとんどの人がビールをイメージされるのではないでしょうか。
もしかしたら、プリン体は主にビールに含まれている成分だと思っている方もいるかもしれません。

でも、実はプリン体はほとんどの食べ物に含まれています。
しかも、特にビールに限って多く含まれているものではないんです。
むしろ、ビールよりプリン体が多く含まれている食べ物はたくさんあります。

ビールは、アルコール類の中でもプリン体含有量が多く、痛風の人はお酒を飲むならビールを避けたほうが良いと言われることから、ビールはプリン体が多いというイメージが定着してしまったようです。

では、どんな食べ物にプリン体が多く含まれているかというと、肉類、魚介類、そして干しシイタケや納豆など、健康に良さそうなものまであるんです。
また、肉類、魚介類とはいっても、肉の種類、魚の種類によってもプリン体含有量は全く異なってきます。

この事実を知ったとき、真っ先に私が調べたのはブリのプリン体含有量でした。
とにかく、魚の中でも油ののったブリが大好きなんです。

魚の中でも、特にプリン体が多い魚として名前が上げらえていたのが、カツオとマグロ、エビなどでした。
100gあたりのプリン体含有量は、カツオが200g程、マグロが157g程、エビが200g程です。
100gあたりのプリン体含有量が100gを超えてくると、プリン体含有量が多めの食べ物と言われるようです。

ではブリはどうかというと・・・ブリの100gあたりのプリン体含有量は120g程でした。
プリン体が多いと言われているカツオやマグロに比べると少ないものの、やはり残念ながらプリン体は多めの魚のようです。

というか、カツオ、マグロ、エビ、ブリなどの魚介類にプリン体が多いとなると、痛風の方にとってお寿司はとても危険なんですね。
痛風が昔は贅沢病と言われていたのは、お寿司ばかり食べているとプリン体を摂取しすぎて痛風になったことからきているのかもしれません。

もちろん、毎日の食事でプリン体の多い食べ物ばかりを食べることも現実的ではないので、健康に問題のない方は気にする必要はありませんが、もし痛風が心配な方、痛風予備群の方は、自分のよく口にする食べ物や好物などのプリン体含有量を一度確かめてみるといいでしょう。

プリン体を減少・尿酸値を下げる方法!おすすめランキング

  1. 白井田七

    尿酸値の値が気になる人におすすめ!白井田七でプリン体を減らそう
    健康診断で尿酸値が気になるなぁという人は多いです。飲み過ぎや食べ過ぎのせいもあって、だんだんと体型も気になる、というケースも多いですね。生活習慣の改善には早めのケアが必要になります。
    尿酸値を下げる必要がある人たちから高い支持を受けているのが白井田七です。田七人参は古来から珍重されてきた生命力の高い植物です。プリン体を減らしてくれる効果がある田七人参を使用したサプリメントです。白井田七を1日4粒を目安に飲むことで尿酸値を下げる効果があります。

    白井田七の公式サイトはこちら

  2. 白井田七。かめ

    白井田七の「かめ」は高麗人参の7倍のパワーを持つ田七人参が尿酸値を下げます
    アルコールが好きな方、又肉類が好きな方、女性で閉経を迎えた方等は尿酸値が高くなりやすくなります。
    そこにプリン体摂取量が増えると尿酸値が高くなり、痛風という病気になってしまいます。
    でも、田七人参を使った「白井田七」なら、尿酸値を下げる効果もあります。
    特に「かめ」は、田七人参と黒酢を一緒に熟成発酵させたもので、和漢と発酵2つの効果で身体の不調を整えます。
    健康診断で尿酸の値も正常に戻ったという喜びの声が、届いています。

    白井田七。かめの公式サイトはこちら

  3. 白井田七。茶

    尿酸値を下げる方法が知りたい人にぴったり!白井田七。茶でプリン体を減らす
    飲みやすいうえに健康にいいと有名なのが白井田七。茶です。静岡県の緑茶と、滋養強壮に役立つ田七人参の組み合わせによって誕生しました。白井田七。茶を飲むことで、高くなりがちなプリン体を減らすことが出来るので、尿酸値を下げて痛風を予防するのに効果的です。自分ではなかなか食生活の改善ができない人でも、白井田七。茶を取り入れることで毎日無理なく生活習慣を改善することができます。美味しいお茶なのでごくごく飲めて、無理なく習慣にできます。

    白井田七。茶の公式サイトはこちら